さすがですね は 誤解です

納品のお手伝いも何回目かを迎えると,
少しずつ専務さん流れにも慣れてきて,
事前に多少の準備することもできるようになり,
その日は,濡らして絞ったフェイスタオルを数枚,
サイドテーブルに用意してその時に臨みました.

 

口づけから始まり,耳朶を含まれ(これ・・・気持ちいい・・・),
乳房を優しく包まれ,愛撫されながらローブがはだけ,
甘噛みから舌先が下腹部へ這い降りて,
専務さんの頭が花園に埋まり,
ゆっくりしっかり整えられて・・・

 

小さな膨らみを舌先で転がされ吸われて,
待ちきれないほど高まったに,
ゆっくりと挿し入れられる専務さん・・・

 

う〜 すぐにいけそう・・・というか,
もうほとんど気持ちよさに溺れているところに,
深くしっかり挿し入れられ,
強く押すようにゆっくり,じっくり突かれると,
じわじわと快感が広がり,深まり・・・

 

見下ろされてリズムとともに高まり
後ろから求められて高まり
やがてふたたび見下ろされて,
寄せては返すしびれるような快感の果てに,
専務さんほとばしりを受け止めて・・・

 

その日はお腹中ほどでしたので,
慌てることなく用意したフェイスタオルで,
専務さん絶頂をきれいにして,
落ち着いて余韻口づけ愛撫に身を委ねていると,
専務さんが一言・・・

 

「さすがですね,
 そういう気遣いも・・・」

 

いえいえ・・・実はそうじゃありません.

 

営みのときに絞ったタオル用意するのは,
実は月の日に求められた時に,
すぐに吐き出せるように工夫したことで,
いってみれば,つらいお相手副産物なんだけど・・・

 

気遣いのできる女性であれば,
いくら緊張していたからとはいえ,
初めてご一緒するときに,
脱いだ服を洗面台のど真ん中
鏡の前に置きっ放しにするなんて,
あり得ませんから・・・

 

にほんブログ村参加中!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ にほんブログ村 大人の生活ブログへ

shufumoarukeba

昭和生まれでいつしか三十路.
おおむね真面目で優しいけれど,
密かにかなり頑固でわがままな夫と,ふたりの娘の4人家族.
完全専業主婦を経て,今はパートに奮闘中.

かつてはかなりの男性恐怖.
基本的には幸せだから何の不満もないけれど,
人生いろいろあるもので・・・.

日記も愚痴も,すべては私の独り言.
批判,中傷ご遠慮ください.
もしあれば,共感,励まし大歓迎.
どうぞよろしくお願いします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。