ラブホテルに行ってみたい!
そのつもり・・・なわけなので

シルバーウィーク  となった今週は,
大丈夫ならまとめてお休みを,といわれたのですが,
期日のある仕事が少しだけ残ってしまったため,
火曜日はのなか仕事に出掛け,
水曜日からゆっくりお休みをいただいています 

 

夫  は仕事娘たち   は学校で・・・
一応の家事  が片付いてしまえば,
のんびり過ごせる自由時間 
ということで,今日も少し,
内緒の日記  を綴っておきたいと思います.

 

ちょうどバレンタイン  が目前に迫った金曜日
前日から納品のお手伝い  を頼まれていましたので,
それなりの心構え  身支度  を整えて,
お昼を終えて出発  すると・・・

 

納品先に向かう車  のなかで専務さん 
「中国のお正月とバレンタインで混んでいるみたいで,
 どっちもいい部屋が取れなくて・・・
 今日はお茶  して,早めに戻りましょうか」とのお言葉

 

え〜・・・ガッカリだよ  
もうそのつもりで来ちゃってるんだし,
気持ちだって盛り上がっちゃってる  んだし・・・

 

納品が終わり,いつものホテル  へと向かう専務さん ・・・
でもさ,それなら・・・あの・・・
「あの,ラブホテル  って,
 行ってみたい ・・・んです・・・」けど・・・
言っちゃった

 

「え? 行ったこ・・・
 じゃぁ,ちょっと行ってみましょうか」

 

迷いなく車  は進み,たどり着いたところは,
会社からさほど遠くない首都高出口  を出てすぐの,
その手のお宿が集まる一画.

 

テレビドラマ  でお馴染みのヒラヒラ揺れる仕切りを抜け,
狭苦しい駐車場  に車を駐めると,
怪しげな光を発するエントランス・・・

 

専務さん  にくっついて  中に入れば,
思ったよりもゆったりしたロビーには,
部屋  写真  が並ぶ大きなパネル
平日の午後だというのに,
半分ぐらいは写真  の明かりが消えていて,
それはつまり,それぐらいは埋まっているということで・・・

 

「どうしますか?」
え? どうしますかっていわれても,
緊張しまくりの私  には写真  はただただチラチラするばかりで,
部屋  の雰囲気などまったく入ってこないわけで・・・
「じゃぁ,今日はここにしましょうか?」
専務さん  がサッと部屋を選んでくれました.

 

ボタンを押すとカードキー  が出てきて,
そのままエレベーターへ.

 

どんな部屋〜    
やっぱりもちろん,張りしげな照明が灯っていて,
何か特別な仕掛けもあったりして・・・

 

暴走  する好奇心ワクワク  しながら部屋  に入ると・・・

 

あれ?
なんてないし,
怪しげな照明も,特別な仕掛けも・・・ないみたい 

 

大きなベッドと大きなテレビ
それにガラス張り浴室と,
ソファーにテーブル.

 

そんなに変わらないじゃん

 

う〜ん.これがず〜っと,
ず〜っとずっと妄想してきた「ラブホテル 」か.
膨らんでいた好奇心が急速にしぼんで 
微妙なガッカリ感に浸っていると,
服を脱ぎながら「期待外れだった?」と専務さん 

めてということで,手堅い部屋を選んでくれたみたいで・・・

そんな気遣い・・・いらないのにな 

 

それでも,少し落ち着いてよくよく観察 してみると,
枕元にはスキンがふたつ
へぇ〜・・・高速道路や電車から見ていると,

2時間
とか3時間とかって時間が出ているけれど,
限られた時間でみんな2回   はするってこと?
そうだよね〜 そのため  に来るんだもんね.

 

飲み物もお菓子  もあるし,
なるほど,ご飯も出前  してくれるんだ・・・
で・・・何これ,自動販売機みたいだけど・・・
え〜っ・・・大人のためのそういうモノ  は,
聞き知ってはいても,もちろん初めて見るわけで,
しかも,その自販機  部屋のなかにあるんだ〜
それに何と・・・コスプレ  もありますって・・・
頼めばいろんな服を貸してくれるわけか.
(でも,セーラー服とかメイド服とか・・・頼むの  )
カラオケもあるし,ケーブルテレビが見放題  って・・・
そんな時間 ,ないよね.

 

よ〜くみれば普通ホテルとはやっぱりしっかり違っていて,
そういうコト ,そういう時間  のためのサービスがたくさん・・・
ついついあれこれ観察  していると,
しばらく待っていてくれた専務さん  に促されて浴室へ・・・

 

そして浴室に入ってはじめて,
さらなる違い驚かされることに.

 

マット しかもっきい  

 

なるほどぉ・・・
専務さん ,スリスリするの大好き  だからな〜
これならバスタオルをびしょ濡れにしないでも済むし,
冷たい床で冷えちゃったり,ぶつけて痛かったりもりもしないわけか

 

ということで,ごく自然に
マットでの一時を楽しむところから,
めてラブホでの時間  は始まったのでした.

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ にほんブログ村 大人の生活ブログへ

shufumoarukeba

昭和生まれでいつしか三十路.
おおむね真面目で優しいけれど,
密かにかなり頑固でわがままな夫と,ふたりの娘の4人家族.
完全専業主婦を経て,今はパートに奮闘中.

かつてはかなりの男性恐怖.
基本的には幸せだから何の不満もないけれど,
人生いろいろあるもので・・・.

日記も愚痴も,すべては私の独り言.
批判,中傷ご遠慮ください.
もしあれば,共感,励まし大歓迎.
どうぞよろしくお願いします.

2 thoughts to “ラブホテルに行ってみたい!
そのつもり・・・なわけなので”

  1. アヤさん,こんにちは.
    いつもコメント,ありがとうございます.
    急なお願いだったせいだったかもですけど,最初の場所,近くてちょっと心配しました.
    やっぱり面白くて,その後も何度か連れていってもらっています.
    夫だと・・・まだなんですけど,でも実は,ちょっとコツをつかんできてます.
    今日もネクタイがぶら下がってるので,頑張ってみます(^_^)
    この関係,ずっと続くわけはないので,今は何でも勉強しちゃおうって思ってます.
    無理強いとか,ヘンなこととか,しない方でよかったです.
    ウズラの卵って・・・そういうやつですよね.いいな〜
    夫にもいつかきっと,買い与えたいと思ってます(^_^)

  2. 欠かさず読ませて頂いております。
    バレンタインの前?・・・お勤め初めて、程なくの頃?・・。
    M奥様は、チョッピリ控え目な気持ちを持ちながらも、好奇心旺盛で、賢く立ち振舞いができるできる素敵な奥様のように感じられますね
    御主人にはない何か良い魅力をもっておられる専務さんだから、Mさんも気に入ったのでしょう・・・で、なければ、このような関係にはなりませんよね
    いつもは少し豪華なシティーホテル? やはり好奇心もあって、
    たまには、そのような所にも行ってみたいですよね
    場所や雰囲気が変われば、気持ちものって燃えあがり、容易にイクことができますものね。 アヤも4・5回目のデートの時に、「今日、身体の調子いい?」
    「・・・・・ん?」 ウムもない内に、車は吸い込まれるように・・・
    ・・・とてもいい思いができて、、帰りには、自販機でピンクの(ウズラの卵)を買ってきたのを、今でも時々・・・・。 ( まさか、フライング)だったらゴメンナサイ
    ・でも専務さんではイクことができて、、旦那さんとはマダ?、なんですよね?
    、、、ソコが問題なんですよね。
    お家から一駅の会社、会社からそれほど遠くない所、くれぐれも慎重に、ネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。